Study
知ろう!エネルギーのこと

エネルギー用語辞典
Let’s Think ENERGY !

直流と交流
【ちょくりゅう と こうりゅう】

直流は、英語では、「Direct Current, DC」とよばれ、時間によって大きさが変化しても流れる方向が変化しない電流のことをいい、交流は英語では「 alternating current, AC」とよばれ、一定時間内に周期的に電流の向きが変わる電流のことをいいます。

日本の電気事業者が家庭に供給する電源はこの交流で供給されていて、東日本では50Hz、西日本では60Hzの周波数で提供されています。

ただ、一般的な家庭で利用されている電気機器は直流で動くため、ACアダプター等の変換機器で直流に変換して利用されます。

直流の電気は、電気を送る場合、ロスがすくなく大容量の電気を送ることができますが、その大きさを変える(変圧)ことが難しい特徴があります。逆に交流はロスはありますが、その大きさを変えることが容易にできます。

電気は、発電→送電→利用に流れるか課程で状況によって大きさをさまざまに変化させる必要があります。そのため、家庭で利用する場合は、コンセントまで、交流でもってきて、利用する機器にあわせてその大きさを変えてから直流に変換して効率よく利用することになります。